Grand Amourのアトリエはお引っ越ししました。

実は先々週末、Grand Amourのアトリエはお引っ越ししました。

日本に住んでいると、領土問題にはなかなか無頓着になってしまいます。
北方領土や北海道、沖縄など、確かに日本という国においても境界線での争いがありますが、陸続きのヨーロッパでは分けわかんないくらい民族や領土がごっちゃごちゃになっています。
いいとか悪いとかじゃなく、戦争が絶えなかったのも納得・・・

お客様の中にも、「大丈夫?」と声をかけてくださる方もいらっしゃいました。
初めはアトリエとはかなり距離のあるキエフだけだったのですが、いつの間にかアトリエのあるクリミアに飛び火し、ロシアに編入されることがほぼ確実とまでなりました。

昨年行ったシンフェエロポリの小さな空港はロシア軍に占拠され使えない状態に。
見覚えのある街中を戦車が走る映像をニュースで見ながら、Grand Amourの社長とは毎日近況をチャットをして近況を聞いていました。
まさかあんな小さい街が紛争の渦中となるなんて、思ってもみないことでした。
彼らは少数派のロシア系ではない住民です。
社長のYevgenはクリミア生まれのクリミア育ち。
でもそんな彼らが、クリミアを離れることを即決したくらい、深刻な問題なのだと実感しました。

lviv.jpg
クリミアから脱出する人たちの渋滞。

スタッフの女の子たちは6人いましたが、メインで仕事してくれている2人以外は、家族が居るのでクリミアから離れられないとのことで、また引っ越し先で新たなスタッフを雇わなければいけません。
去年が最初で最後の対面だったと思うと、なんだか切ないです。

1969349_822590744421010_1988066333_n.jpg10003928_822590887754329_135389046_n.jpg
最終日の食事の様子。

そして、次の街はLvivというウクライナの最西端の街です。
Lviv-Ukraine-Map.jpg

クリミア半島が黒海に突き出た最南端の島なので、かなり遠いのがおわかりいただけると思います。
こちらは心配でかなり気をもんだのですが、彼らは旧ソ連時代から激動の中を生きてきた人たちなので、私たちが想像するよりもタフでした。
先週は一週間、搬入とセッティングでお仕事を中断していましたが、今週からまた再開するそうです。
しばらくは人手が少ないし、新しく雇った人の教育などもしなければいけないので大変だと思います。

ただ彼らはとても前向きで、心配のないようにできるだけ努力すると言っています。
お客様にも不安に思う方もいらっしゃるかと思いますが、私も間に立つ身として、なるべく心配しないで通常通りのやりとりができるように努力したいと思っております。

そして、次の街はポーランドとの国境で、歴史的にも文化的にも恵まれた地域なようなので、次回行くのが楽しみです(^^)
私も彼らの支えになれるように頑張りたいと思います♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。